Skip to content

マタニティマークの重要性(と若干の問題点

December 3, 2012

今回は珍しくご意見ぶっ放す内容なのですが、無駄に長くなるのがいつものクセですので、核心だけ最初に申し上げます. マタニティマーク普及委員会 男性の方へ: このマークをつけてる女性をみかけたら、席を譲りましょう. 女性、というか妊婦の方へ: 具合悪くて座りたかったら、遠慮せず「座らせて」と言いましょう. 野郎どもはあなたの想像以上にマタニティマークの意味が分かっていません. ——— 改めまして、ご無沙汰のumiushiです. 現ブログメンバーでは実は社長の次に古株なのですが、最近はすっかり サボり ご隠居状態で恐縮です. 久しぶりに参上しました. 本日もよろしくどうぞ. さて、わたくしこれまで、プロ野球がどうとかどこそこの酒が美味いとか、「にっぽんのおとうさん」炸裂な記事ばかりアップしておりましたが、最近本当におとうさんになってしまったこともあり、新米の僭越もなんのその、マタニティマークに思うことを申し述べたいと思います. — まず男性の方に. 体の構造上、わしら野郎にはまず分からないですが、つわりってのは辛いらしいです. つわりは妊娠初期に特有ですが、この時期はまだほとんどお腹も膨らまないので、外見からは判断できません. だからこそ、 お腹が膨らんでないけどマタニティマークをつけている女性、 こういう方こそいたわらなければならんようです. というのも、見た目で「お、妊娠しとるな」くらいの時期、俗に言う安定期になりますと、腹がでかくて大義な以外は、つわりの頃より楽らしいです. だから席を譲らなくていいってわけではないですが、「お腹が膨らんでないときのほうが辛い」という意味で、気に留めておいてよい情報かと思います. であるからして、席を譲ってほしい、と言われたときに、 「そんなこと言っても腹出てねえじゃねえか」 ではなく、 「そういう時がいちばん辛い」のです. — 続けて、妊娠中の方へ. 繰り返しになりますが、野郎どもはつわりの辛さ等、やっぱり実感は出来ないため、女性から見れば全然妊婦さんに気が効かないのが事実です. 皆が妊婦や子供をいたわる社会が理想ではありますが. とはいっても、特に家族に妊婦がいた・いる方なら想像つきやすいでしょうから、 遠慮することなく「すまんが座らせてくれ」と頼めばいいでしょう. 一定の確率で譲ってくれない人もいるでしょうが、それは本人も具合が悪いか、もしくは性格が悪いヒトですので仕方ありません. 他のだれかが譲ってくれるでしょう(? ). ただし、やっぱり礼儀とまでは言いませんが、他人に物を頼むにはそれなりの言い方がありますので、丁寧に. 「子は国の宝」「子供は天使」なんて言ったりしますけど、万人がそう思ってくれるわけではありませんので. 正直なところ、「譲ってもらって当然」みたいな人にはあんまり譲りたくないもん. — そういうわけで、以上を要約すると冒頭のように、 ・男はマタニティマークの人に席ゆずれ ・妊婦はきちんと頼んで座らせてもらえ となるわけです. ——— で、以下は蛇足というか、男から見たマタニティマークの問題点です. 今更言っても詮ないことではありますが、どうしても言っておきたい. まず、 小さくて遠目には何だかよく分からない(暴言). 特に他のアクセサリーと一緒にぶら下がってたりすると区別がつかない. かといって「もしかしてマタニティマークかな? 」とじろじろ見るのも痴漢みたいなので憚られる. 大きいバージョンもあるようですが、あまり見かけた覚えが無いですな. それから、デザインが悪い(断言). 女性が身につけるものですから、どんな服装でもそれなりに合う色合いや絵柄にしてほしい、絵も可愛いほうがいい、等々、ということでこれになったのでしょうが、 ちょっと色々詰め込み過ぎた感があり、 何が言いたいのかよくわからん(男目線). 中でも女性と男性の思考の違いというか、温度差が一番現れていると思うのが、「おなかに赤ちゃんがいます」の一文です. これはまず 字が小さくて読めん! それでもなんとか解読したところで、 「おなかに赤ちゃんがいます」 と言われても、 「そうですか」で終わりがちなのが野郎 です. なんというかこの一文は、「妊婦はつらいの、後はわかるでしょ、察してね」という感じがする. 男からすると一番言ってほしいのは、上記では省略されておる、 「(おなかに赤ちゃんがいるので) つらいんです、座らせて下さい 」 の部分であるわけです. そう言われれば 「あ、座ります? 」 という発想も出てくるわけですよ. というわけで、 「これくらいしてくれれば分かるのに」私案 今更デザインを変えるのは混乱の元でしょうが、やっぱりこういうマークのたぐいは、 これくらいの分かりやすさが欲しいものです. ・・・我ながら武骨者でございましたな. ではまた.

From → Uncategorized

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: